むし歯治療

なるべく削らない、痛くない治療を心がけています。

むし歯治療

M・I(ミニマル・インターベーション=最小限の介入)治療

画像

歯科の最先端の治療方法
できるだけ削らなくてもよい処置を施して可能な限り歯を残す治療法

今までは、虫歯をけずり金属の詰め物をして固めていた・・・

画像

これからは、小さな虫歯はわずかな治療で、
歯に近い色の詰め物をして短時間でキレイにすることができる

画像

当院では、ご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。

初期段階の治療から根っこの治療まですべての過程において

「痛みの少ない治療」「なるべく削らない、歯を抜かない治療」 を基本に丁寧で安心な治療をモットーに診療しております。

痛みのない治療のために

お子様時代に、痛い治療、押さえつけられての治療を受け、
「歯医者はすごく痛いもの」という先入観を持ち、歯医者嫌いのまま、
大人になられた方がいらっしゃると思います。

表面麻酔を用い、可能な限り、痛みの無い・不安の無い治療に努めております。
著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。
(ただし炎症が急性症状の場合、お痛みを取りにくいときもあります。)

表面麻酔

画像

針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ刺す痛みを減らします。
右の写真の白地に黄色いラインのボトルはバナナ味です。
お子様にも安心ですね。

極力細い針の使用

画像

痛みを抑えるためには細い針のほうがよいです。
現在最も細いと言われる33ゲージをつかっています。

麻酔薬カートリッジウォーマー

麻酔薬の温度と体温を同じくらいに麻酔薬を温めることで
液体を体内 に入れる時の刺激を減らします。

電動麻酔器

手動の注射器では必要以上に力が入り麻酔液が体内に入っていく圧力が苦痛となりますが、
電動麻酔器は、注入時に最もゆっくりと体内に麻酔の液を入れていきますから
生体的に抵抗が少なく、注射されている感覚もほとんどありません。

テクニック

画像

麻酔の針を入れる際に、針を動かさずに歯肉を振動させて、
薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します。

拡大鏡を用いた高品質な治療

画像

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。

特に歯の根は複雑な形状をしているため、肉眼だけでは限界があります。
そこで当院では、治療内容により、拡大鏡を用いた治療を行っています。

拡大鏡を使用することによって、より精密な治療を行うことができるようになり、 削る量も最小限に抑えることができるようになりました。

簡単に歯を削るのではなく、精密な治療で少しでも長くご自身の歯を長く使って頂きたい
と考えております。

ダイアグノデント

画像

できるだけ歯を削らないようにするには、
虫歯が初期の段階に早期発見し、治療することがとても大切となります。

そこで登場するのがダイアグノデントです。

ダイアグノデントとは、レーザーによる最新式の虫歯検査機器です。
レーザーを歯に照射して発光状態をチェックすることにより、虫歯の深さや、
レントゲンや直視では判断がつかない虫歯の状況などが詳細に把握できます。

これにより「必要以上に歯をけずらない治療」が可能となりました。

治療前後の説明をしっかりと行います

画像

当院では、患者様との信頼関係をとても大切に考えています。
そのため、まずは患者様のお話をしっかりとお聞きし、
その上で現在の口腔内の状態をご説明させて頂き、 様々な治療方法の中から患者様のご希望にそった提案をさせて頂きます。

患者様ご自身が納得できない治療はいたしません。

治療の節目に、歯科医師や歯科衛生士が丁寧に説明を行います。
少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
9:00~13:00

/

/

14:30~18:30

/

/

△・・・土曜日午後は15:00~18:00  休診日・・・日曜日・祝日
© 西京区桂駅の歯医者ならこうの歯科(歯科). All Right Reserved.