予防歯科

歯を健康に保つのに最も重要なのは「予防」です!

こうの歯科の予防歯科

虫歯・歯周病で現在の歯を失いたくない方へ

画像

虫歯、歯周病は毎日歯をみがけば予防できると思われていますが、 日本の80歳の方が平均的に残している歯の本数が約7本というデータからも ご自宅での歯みがきだけでは限界があります。

それは病原菌である虫歯菌や歯周病菌がお互いに連鎖し合って膜『バイオフィルム』となるからです。このバイオフィルムは歯みがきでは落ちません。

定期的にプロのスタッフによって機械的に取り除くことにより、虫歯や歯周病を予防できます。
プロの技術によって隅々まで痛みなく歯の表面を傷付けずに清掃します。

痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から 一緒に予防していきませんか?
ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。

ずっと自分の歯で過ごしたい・・・と思うならば予防歯科は欠かすことの出来ない大切なことです。

日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数

画像

日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、 日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。

それは、スウェーデンのみなさんは常に予防歯科を受けて歯を大切にしており、 歯医者は治療のためでなく、歯の汚れを除去したり、 歯や歯ぐきの健康チェックと予防のため(メインテナンス)に 歯医者に行くのが普通と考えているからです。
これはアメリカやヨーロッパ各国も同じです。

一方、グラフを見てるとわかるように、日本人のメインテナンス率はわずか2%です。

自分ではきれいに磨けない歯は、
プロの手にゆだねて定期的にしっかりときれいに磨いてもらいましょう。

ケアに対する違いが、同じ長寿国でも
しっかりとした歯を持ち続けるスウェーデンの人たちと、
私たち日本人との大きな差になって現れています。

下記の図は、歯の本数と、日本人の歯の平均寿命を表したものです。

画像

自分や家族の歯の寿命を延ばすには・・?

画像

まずは自分の歯の本数、虫歯のリスク、歯周病の状態を正しく知ることから始まります。
そして積極的に定期健診(リスクチェック)、歯石取り(除菌・予防処置)を楽しく行っていくことです。

こうの歯科では8020運動を推進しております。
生涯自分の歯で過ごす為にも、しっかりとした予防歯科を受けられることをお勧めいたしております。
【※ 8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。】

予防メニュー

唾液検査

当院で行なう唾液検査SMTは、従来の唾液検査に比べて簡単な3ステップの唾液検査です

SMTは3ステップの簡単操作で、測定時間はわずか5分。
しかも一度の検査で6項目を測定できます。
多項目と短時間で「お口の健康状態」を測定する、新しいツールの登場です。

画像

唾液検査で分かること

  • むし歯菌・・・全ての殺菌に高い効果が期待できます。
  • 酸性度・・・唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が 溶解(脱灰)しやすくなります。
  • 緩衝能・・・唾液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、 その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすくなります。
  • 白血球・・・歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により 唾液中の白血球が増加します。
  • タンパク質・・・口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、 唾液中のタンパク質が多くなります。
  • アンモニア・・・歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により 唾液中の白血球が増加します。

POICウォーター

当院ではポイックウォーターを虫歯・歯周病予防に使用して頂いています。

ポイックウォーターとは純粋な塩と水を電気分解して作られていて、
お口の中の汚れを分解洗浄し、菌を除菌するという優れものです。

市販の洗口剤は除菌をできてもタンパク質を分解できず
お口の中にはびこるヌメリ(バイオフィルム)を壊すことができず
十分な除菌効果を発揮できないことが欠点でした。

しかしながらこのお水はその欠点を克服し、しかも市販のものとは違い
アルコールも含まれず副作用もない歯周病や虫歯予防には非常に効果的なお水です。

当院では日常で使う洗口剤、消毒薬、歯磨き剤、口臭予防などに使用して頂いております。
院長ならびにスタッフも愛用しております。

タンパク分解型除菌水(POIC水)の特徴
  • 除菌作用がある
  • タンパク分解作用がある(バイオフィルムの破壊)
  • 消臭力がある
  • 暖めるほど殺菌性が上がる
  • 人体には無害
  • 80ppm以下なら食品添加物扱いになる
  • pHが中性に近いのでむし歯になる心配がない

次亜塩素酸水は、平成14年厚生労働省より食品添加物として指定されています。

Q&A
効果が高いと聞くと薬剤効果も高いと感じますが人体に影響はありますか?

超純水と塩を用いて生成していますので人体にはほとんど害を与えません。
また、次亜塩素酸(HCLO)は人体由来の免疫成分であり、
とても安全性が高いことで知られていますが、
食品添加物の規定上限が80ppmと決められております。
このポイックウォーターは20ppmとその基準にも合致しております。
また、食品分析センターにおける安全性試験においてもその安全性は認められております

市販の洗口剤とは何が違うのですか?

市販のうがい薬の多くは高い濃度のアルコールを含有されて、
長期間の使用で口腔乾燥症を誘発し口臭を増加させる危険があります。
また、着色料?保存料等が含まれていますがポイックウォーターは、
超純水と塩だけで生成していますので安心です。

口臭には効果がありますか?

とても効果が高いです。

PMTC

当院の人気メニューのひとつです。

毎日すみずみまで磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくいところには、
どうしても汚れが残ってしまいます。

残ってしまったプラーク(細菌の塊)は次第にバイオフィルムという集合体を形成し、
いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きだけでは除去出来ません。

その部分を徹底的にお掃除してくれるのがPMTCなのです。
PMTCをすることにより口臭やむし歯、歯周病の予防につながります。

画像

フッ素

画像

フッ素には歯の表面のエナメル質を丈夫にし、むし歯に強い歯を作る性質があります。

当院では、高濃度(9000~9500ppm)のフッ素を塗布し、むし歯になりにくい強い歯質を作ります。

1回のフッ素塗布だけでは効果はありません。
定期的にフッ素塗布を行うことにより、むし歯予防の効果を高めることができます。

画像

また、当院では、フッ素を配合した家庭用のジェルの販売も行っております

当院には、フッ素塗布のためだけにお見えになる患者様も少なくありません。
特にお子様の場合は定期的に通院して頂くことをおすすめしております。

シーラント

特にお子様にとって、虫歯は大敵です。
しかし歯の間や歯と歯肉の境目、そして歯の溝に関しては、
どうしても虫歯が発生しやすい傾向があります。

幸い現在では「シーラント」が普及しています。 奥歯の溝にこのシーラントを埋め込むことで、歯垢がたまらないようにすることができます。

画像

シーラント材を塗布して光で固めます
※ シーラントは人工的な歯科材料でつくられており、取れてしまうこともあります。
定期健診でシーラントの状態をチェックしましょう。

画像

通常の歯磨きではカバーしきれない部分を経験を積んだ歯科衛生士がカバーいたします。
歯科医師と歯科衛生士が連携して、みなさまの歯の健康をお守りします。
安心してお任せ下さい。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
9:00~13:00

/

/

14:30~18:30

/

/

△・・・土曜日午後は15:00~18:00  休診日・・・日曜日・祝日
© 西京区桂駅の歯医者ならこうの歯科(歯科). All Right Reserved.